ひげ脱毛とホクロ


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛とホクロの関係

6回ひげ脱毛しても残っているのはなぜ

あごのホクロはその人のチャームポイントになることもありますが、盛り上がりがあるタイプだとひげ剃りで傷つけてしまいがちです。

ひげ脱毛時にも邪魔にならないか心配ですよね。

そこでホクロがある場合のひげ脱毛の対処方法について調べてみました。

ホクロ部分は避けて脱毛

ひげ脱毛ではホクロ部分は避けて施術を行います。

電気脱毛なら色素を心配することはないのでいいのですが、レーザーやフラッシュはメラニン色素に反応するので危険です。

黒いホクロ部分に光が集中して反応してしまい、熱が発生してしまうからです。

肌が炎症、酷い場合は火傷をしてしまいます。

ホクロ部分を避けて照射すればいいのですが、光が反応してしまうことを防ぐためテープなどでカバーするのが一般的です。

そのテープも光を通さないタイプになっています。

しっかりとカバーして施術してくれるなら安心ですね。

ただしそばかすのように広範囲に広がっているものだとサロンやクリニックの対応もまた異なってきます。

自分のホクロは避けて脱毛ができるレベルなのか、カウンセリング時に質問しましょう。

急にできたホクロは注意!

昔からあるホクロは特に問題無いことは多いのですが、急に出現したものは要注意です。

なぜなら悪性の腫瘍である場合があるからです。

そのような場合、刺激を与えてしまうと広がる恐れがあるので危険です。

こんなところにホクロがあったかな?と思ったら、脱毛サロンよりも先に皮膚科を受診しましょう。

専門医に見てもらってただのホクロだということがはっきり分かってから、サロンでひげ脱毛の相談をするのが安心です。

ホクロの近くまで脱毛できる?

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン色素に反応してしまうため、ホクロの近くまで施術することはできません。

しかし中にはホクロから生えているひげもあるので困りますよね。

そんな場合は、電気脱毛が便利です。

ニードル脱毛ともいいますが、毛穴に特殊な極細の針を刺して1本ずつひげを脱毛する方法です。

肌に色素沈着があっても脱毛可能なので、ホクロから生えているひげは電気脱毛が向いています。

フラッシュ脱毛でも色が薄いホクロなら照射可能な場合もありますが、痛みが生じる恐れもありますし効果も半減します。

それよりは電気脱毛でしっかりと脱毛するのもいいですね。

また、電気脱毛だと痛みが強いし価格も高いから苦手という人もいるでしょう。

その場合は全体的な脱毛をフラッシュかレーザーで行い、ホクロ部分のみ電気脱毛でするという選択肢もあります。

ほんの数本なら電気脱毛でも我慢できる可能性は高いですね。

上手に脱毛技術を使い分けるといいでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.