くすんだ肌色 ひげ脱毛


main_top
今すぐチェック

くすんだ肌色でもひげ脱毛可能?

くすんだ肌色でもひげ脱毛はできる?

ひげをきれいに剃ったつもりでも、肌色自体がくすんで見た目が悪い場合もあります。

そんな人こそひげ脱毛が便利ですが、施術するにあたって何か問題点がないのかを考えてみましょう。

くすみは色素沈着かも

顔全体がくすんでいるなら、内臓疾患や日焼けなどが原因かもしれません。

しかしひげが生えている場所の肌がくすんでいるなら、外的刺激による色素沈着の可能性があります。

色素沈着とは、肌の中で発生したメラニン色素が排出されずに沈着してしまう状態のことです。

紫外線を浴びたときだけではなく、カミソリや毛抜きの刺激でもメラニン色素は発生します。

度重なる自己処理のせいでひげが生えている部分の肌が、くすんでしまうのです。

若いころなら肌の生まれ変わりサイクルも早いため色素沈着も起こりにくいのですが、歳を取ると次第に衰えてきます。

ひげ跡だけくすんで目立つというなら、ひげを生やしたり全体的に日焼けをしたりする対処方法もあるでしょう。

しかし職業的にひげを生やすことが許されない人もいますし、日焼けも肌にはよくありません。

なかなか上手な対処方法が見つからず悩んでいる人も多いのです。

くすみが脱毛に与える影響

もしひげ剃りが原因で肌がくすんでいるなら、ひげ脱毛をした方がいいでしょう。

しかしくすみがあるせいで、脱毛するときの痛みの強さが変化することもあります。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する光を用いて脱毛します。

そのため肌がくすんでいるところや毛が密集しているところだと強く反応してしまい、痛みが生じるのです。

痛み軽減のために冷却など対処方法もありますが、刺激が強過ぎるなら出力を下げて施術することも可能です。

ひげ脱毛でくすみ改善?

これまでひげ剃りをしても肌がくすんでいるせいで自信が持てなかったという人も、ひげ脱毛で解消されるかもしれません。

肌のくすみは色素沈着以外にも、ひげが透けて見えることが原因のこともあります。

ひげ剃りではなく毛根から脱毛するわけですから、これまでうっすらと青かった肌も明るくなりますよね。

それに脱毛の光の刺激で肌のサイクルが刺激され、軽いくすみなら改善されることもあります。

実際に美肌ケアとしてエステサロンではフラッシュ脱毛と同じ光源を使っているところもあります。

ひげを生やしたくない、日焼けも嫌だけど肌のくすみが気になるという人は、思い切ってひげ脱毛を始めてみましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.