ひげ剃り後 肌荒れ対策


main_top
今すぐチェック

ひげ剃り後に肌荒れが止まらない時の対策方法

ひげ剃り後の肌荒れ

社会人の男性にとってひげ剃りは身だしなみのひとつです。

ところがひげ剃りのせいで肌が荒れて仕方無いという人も多いのではないでしょうか?

ひげ剃りのせいで肌が荒れてしまうのはどうしたらいいのか、対策方法を考えてみましょう。

刃を肌に押しつけていないか

少しでもきれいに剃ろうとして、肌に刃を押しつけてひげ剃りをする人がいます。

でもそんな行為は、肌にとってよくありません。

刃を押しつけてひげ剃りをすると、肌表面を削ってしまうことになります。

電気シェーバーなら肌ガードも付いているから安心だと思いがちですが、それでも肌は押しつけられることによって強い刺激を受けます。

このようなひげ剃りの仕方のせいで、肌荒れが起きてしまうこともあります。

乾燥肌を放置していないか

肌に水分量が足りず乾燥した状態にあると、表面の角質層が乱れてきます。

乾燥してひび割れた大地を思い浮かべるといいでしょう。

バリア機能が弱った肌はかゆみを感じたり、炎症を起こしやすくなったりします。

ただでさえ炎症が起きやすくなっている状態ですから、乾燥した肌に刃を当てると引っかかって傷が付きやすくなります。

ひげ剃りで肌が荒れやすいと言う割には、保湿に無頓着な男性も多く悪循環に陥りがちなのです。

プレケアとアフターケアをしよう

ひげ剃りで肌荒れを起こさないようにするには、肌の乾燥を防ぎ正しい剃り方を実施することが大事です。

まず、ひげ剃り前にはひげを柔らかくし、剃りやすい状態にするのが大事です。

蒸しタオルパックするのもいいですし、プレシェーブローションを馴染ませるのもいいでしょう。

刃は決して押しつけず、凹凸を気にしながら剃っていきます。

剃ったあとはしっかりと保湿をし、その後の肌荒れを防止します。

電気シェーバーでウェット剃りができないタイプなら、アフターケアを重視しましょう。

スキンケアをしっかりするだけでも、大分変わってきますよ。

ひげ剃りの回数を減らすのが一番

スキンケアである程度肌荒れを抑えることができても、完全に防げません。

肌に一番いいのは、ひげ剃りの回数を減らすことです。

しかしだからといって無精ひげで会社にいくわけにはいきませんよね。

こんなときに役立つのがひげ脱毛なのです。

ひげ脱毛すればこれまで毎日剃っていたひげ剃りの手間が無くなります。

朝から真っ赤になった肌で慌てることもないし、午後に青くなったひげを剃る必要もありません。

ひげ脱毛は決してオシャレを考える人のものだけではないんですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.