ひげ脱毛 なかなか無くならない


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛でもなかなか無くならない

6回ひげ脱毛しても残っているのはなぜ

代表的なひげ脱毛は6回プランが多いですね。

2ヶ月毎に通ったとしても1年かけてやっとで終わる内容です。

しかし、せっかく1年かけて6回のひげ脱毛を終わらせたのに、ひげが残ってしまうのはいったいなぜなんでしょうか。

6回で完全に終わるわけじゃない?

よくあるひげ脱毛のプランが6回なので、それくらい施術を受ければひげ脱毛が完了するだろうと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は異なります。

ひげには生え換わりのサイクルがあり、肌表面に生えている毛をすべて脱毛してもしばらくするとまた生えてきます。

成長期のひげもあれば、休止期のひげもあるんですね。

期間を空けて6回ぐらい脱毛すれば大方脱毛できるだろうと思われていますが、生え換わりはそんなに規則正しくないのです。

もう生えてこないだろうと思っていても、実は皮膚下で休んでいるひげが残っていたり。

個人によっては生え換わりのサイクルが他人とは異なり、休んでいる毛がなかなか生えてこないこともあるでしょう。

キチンと生え換わりのサイクルに合わせて6回脱毛すればかなり効果は出せるものの、やはり人によってはひげが多く残ってしまうこともあるのです。

毛質によっても効果の出方が異なる

脱毛サロンで主に行う脱毛技術は、フラッシュ脱毛です。

メラニン色素に反応する光を毛に当てて脱毛するのですが、毛質によって効果を発揮しづらいこともあります。

白髪や金髪など反応する色素が無い毛は脱毛できませんし、細くて色が薄い毛もなかなか反応してくれません。

かといって黒々とした太い毛でも、あまりにも根っこがしっかりしすぎて一度の照射で抜けないこともあります。

このように脱毛効果が標準より出にくい毛質の場合は、多めに施術を受ける必要があります。

ひげ脱毛6回は目安となる回数で、効果をしっかりと発揮させたいと思うなら多めのプランを申し込んだ方がいいでしょう。

あえて少なめに回数を設定する方法もあり

ひげ脱毛はツルツルにするだけが目的ではありません。

少し薄くしたいという場合には、あえて少ない回数で脱毛をストップするやり方もあります。

そのため、ひげ脱毛は6回セットだけではなく、1回から受けられることも多いですね。

1回からひげ脱毛を受けられるなら、以前通っていた脱毛サロンの取り残しを処理して修正するのにも役立ちます。

ひげ脱毛は決して6回セットだけではないので、自分の目的に合わせて回数をカスタマイズして行くのが大事ですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.