ひげ脱毛 痛み 苦手


main_top
今すぐチェック

痛みが苦手な人でもひげ脱毛を続けられる方法

痛みに弱くひげ脱毛は無理!そんな人でも続けられる方法は?

ひげ脱毛で最も気になるのが料金だとしたら、次は痛みではないでしょうか?

男性でも意外と痛みに弱い人は多いものです。

痛いのを我慢してまでひげ脱毛なんてしたくない!そんな人でも続けられる脱毛方法なんてあるのでしょうか?

一番痛くないのはフラッシュ脱毛

ひげ脱毛といっても、技術は様々です。

脱毛サロンで最も多く行われているのはフラッシュ脱毛なんですが、実は痛みが少ない技術として人気があるんです。

スピーディーで痛みも少ないのであっという間に人気が広まりました。

ひげ脱毛が身近になったのもフラッシュ脱毛が普及したおかげではないでしょうか?

一番痛いのはニードル脱毛で、その次にレーザー脱毛です。

顔は敏感なので、ニードルやレーザーで挫折してしまった人もいるでしょう。

でも、そんな人でもフラッシュ脱毛なら平気だったというケースがとても多いのです。

肌の色やひげの生え方によっても痛みは変わる?

マイルドなフラッシュ脱毛でも、全く痛みを感じないというわけではありません。

同じ機械や出力で施術しても、ひげの生え方によって痛みの感じ方が変わってしまうのです。

痛みを感じやすいのはひげ剃り後が色素沈着になっている人とひげが密集して生えている人です。

フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応する光を浴びせるので、色素が濃い部分には刺激が生じるのです。

そのため肌に色素沈着がある部分や毛がびっしり生えていると強い刺激を受け、痛みが生じます。

もちろん我慢できない痛みではありませんし、刺激を抑えるために肌を冷却しながら施術を行います。

数回脱毛を受けるうちにひげは薄くなりますし、その度に痛みも段々と感じなくなっていきます。

それでも心配な人は、一度お試しで照射してみるのもいいでしょう。

肌が乾燥していると痛みを感じやすくなる

洗顔後に化粧水で保湿せず、意外と隠れ乾燥肌が多いのが男性です。

実は肌が乾燥していると、脱毛するときの痛みを感じやすくなるのです。

肌が乾燥しているという状態は、角質層が刺激を受けやすい状態にあります。

角質層は肌のバリアなので、そこが乱れると刺激を感じやすくなってしまいます。

炎症を起こしたり、かゆみが生じたりします。

そんな状態ですから、ひげ脱毛しても痛みが強くなります。

対策はしっかりと保湿するしかありません。

また、脱毛施術後もしっかりと保湿しておくと、肌荒れを防ぐことができます。

工夫次第でひげ脱毛はとても楽になるので、痛みが怖いからといって諦めるのは勿体ないですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.