肌が弱い ひげ脱毛


main_top
今すぐチェック

肌が弱いからひげ脱毛をあきらめるのは勿体ない!

肌が弱いからひげ脱毛をあきらめるのは勿体ない!

ひげ脱毛って肌に悪そう…

そう考えている人も多いのではないでしょうか?

でも肌が弱いからってひげ脱毛を諦めるのはとても勿体ないことなんです。

肌荒れの原因は何?

肌が荒れがちという人は、まず原因を考えてみましょう。

ほとんどの男性が必要とするひげ剃りですが、肌荒れの原因になります。

肌が弱いという男性も、ひげ剃りのせいで肌トラブルが絶えないという人も多いはずです。

肌が荒れるならひげ剃りなんて止めればいいのですが、そう簡単にはいきません。

職業柄や見た目の問題で、どうしてもひげ剃りが欠かせないという人が多いのです。

ひげ剃りを止めるにはどうしたらいい?

肌のためにひげ剃りを止めたいという場合、選択肢は2つに絞られます。

まず一つ目はひげを生やすこと。

ハサミとコームで整えておけば、ある程度清潔感も保てますし肌が荒れることもないでしょう。

しかしひげを伸ばすなんてどうしてもできないという人は多いでしょう。

そんな人は、ひげ脱毛という選択肢があります。

ひげ脱毛してひげを無くしてしまえば、ひげ剃りをする必要もなくなります。

確かにひげ脱毛も施術のときには肌に刺激を与えますが、一瞬だけです。

施術の間隔も数ヶ月ごとでいいので、無理なく進めることができます。

それにフラッシュ脱毛はとてもマイルドな施術方法で、肌が弱い人でも受けられます。

しっかりとアフターケアをしつつ脱毛していけば、ひげ剃りの回数もだんだんと減り肌が回復していきます。

ひげ剃りの方法を考えてみよう

肌が弱い、ひげ剃りで肌が荒れると言いながら、特別なことを何にもしていないという人もいます。

そんな人は自分の行動に肌荒れを引き起こす原因がないか、振り返って考えてみましょう。

まずは切れ味の悪いカミソリを使っていないかどうかです。

切れ味が悪い刃だと、かえって肌に傷を作ります。

これはT字カミソリだけではなく、電気シェーバーでも同じことが言えます。

そして刃が不潔ではないかも大事なポイントですね。

ひげ剃りをすれば、刃の表面にひげ、肌の角質、皮脂汚れなどがつきます。

その状態のままカミソリを放置していませんか?

そしてその放置した刃を使い再びひげを剃ってしまったら、傷つけた肌の表面に細菌をなすりつけているようなものです。

切れ味がよく清潔な刃を使うのが大事ですね。

また、いきなり逆剃りするのもよくありません。

逆剃りした方がきれいに剃れると思い込んでいる人も多いですが、まずは毛の流れに沿って剃るのが大事ですよ。

最後に石鹸でひげ剃りするのもよくありません。

石鹸は洗浄力が強過ぎて皮脂を落とし過ぎてしまう傾向にあります。

そのため、カミソリで傷んだ肌に刺激を与えてしまいます。

ひげを剃るときにはシェービング用のクリームを使うようにしましょう。

脱毛は施術が完了するまで1年以上かかります。

完了するまではひげ剃りも必要なので、今から脱毛しようと思っている人も気をつけてひげを剃っていきたいですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.