ひげ脱毛の埋没法対策


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛の埋没法対策の詳細

日焼けサロンとひげ脱毛はどっちを優先する?

ひげが生えているところをよく観察してみると、うっすらと埋もれた毛を発見することがあります。

それは埋没毛というものですが、見た目の印象も悪いのでなんとか解決したいところですね。

埋没毛はひげ脱毛をするときにも邪魔なのですが、いったいどうやって対策をとればいいのでしょうか。

ひげは埋没毛になりやすい

実はひげって、意外と埋没毛になりやすいんです。

なぜなら頻繁に剃る機会が多いからです。

仕事の日はほとんど毎日剃っているという人も多いのではないでしょうか?

人によって、1日2回剃ることもあります。

シェービングのときの刺激は肌にとってあまりいいものではありません。

朝慌てて剃ったときに、肌を傷つけてしまうこともあるでしょう。

その傷が治る段階で角質が増えるのですが、そのことが原因で埋没毛になりやすいのです。

埋没毛になると剃れない!脱毛できない!

埋没毛の状態では剃ることができません。

そのままの状態では肌表面がくすんだ状態に見えます。

脱毛する場合も埋没毛の状態では抜け落ちないので、いったん外に出してやらないといけません。

しかし、無理やり外に出そうとして針やピンセットで突っつくと肌にばい菌が入ってしまいトラブルの素となります。

一度埋没毛になってしまったら、ピーリングなどで表面の角質を取り除きましょう。

ただし、ピーリングも肌にとっては刺激が強いので、頻繁に行ってはいけません。

2週間に一度ぐらいのペースを守りましょう。

ひげ脱毛の予約日とも期間を空ける必要があります。

慣れていない人は、サロンにいってやってもらった方がいいかもしれませんね。

ひげの埋没毛防止はどうする?

一番いいのは、ひげ剃りをせず肌に刺激を与えないことです。

でも現実的にそれは無理ですよね。

ですからできるだけ埋没毛ができないように気をつけてひげ剃りをするしかありません。

ひげ脱毛が完了するまではどうしてもひげ剃りが必要になってくるので、以下の点に注意しましょう。

・肌が乾燥した状態で剃らない

・剃った後はしっかりと保湿を行う

・毛抜き処理をしない

・カミソリ、電気シェ―バーはしっかりとメンテナンス

また、一番いいのは電気シェーバーを使った自己処理です。

肌に刃が直接当たらないので、肌を傷つけにくいからです。

ただし電気シェーバーでも刃が切れ味が悪くなるので、定期的なメンテナンスが必要です。

深剃りしようとして押しつけるのもだめですよ。

正しい角度でそっと肌に当てて剃りましょう。

正しい剃り方を守って肌の保湿を欠かさなければ、埋没毛は減ります。

万全の対策をして、ひげ脱毛の効果も思う存分に発揮させたいですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.