ひげ脱毛 料金


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛の実際の料金について

ひげ脱毛の料金って実際いくらかかる?

ひげ脱毛の必要性が十分に分かっている人でも、料金のことはどうしても気になります。

一体どのようにして料金が計算されるのか、見てみましょう。

パーツ毎の一律料金

ひげ脱毛でよく導入されているのが、パーツ毎に定められている一律料金です。

鼻下脱毛ならどれだけ毛が密集していても、料金が変わることはありません。

施術1回分の料金もあれば、3回、6回と複数回セットになると割引にある制度もあります。

脱毛範囲が広いパーツだと料金も高くなります。

鼻下より頬が広いので、脱毛料金も割高になりますね。

効果に満足できずもっとたくさん脱毛したいと思えば回数を追加しなくてはいけませんので、その分料金もかさみます。

毛の本数によって脱毛料金が変わる?

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合、毛の生え方というよりもパーツの大きさによって料金が決まります。

しかしニードル脱毛の場合は処理する毛の本数によって変化します。

ニードル脱毛の場合は毛穴から針を刺して1本ずつ施術していくので、本数によって課金されるシステムが多いのです。

レーザーやフラッシュの場合は光をパチっと照射し、複数本まとめて処理します。

そのため本数毎で料金が変わらないんですね。

つまり、ひげが密集して生えていて本数が非常に多い人の場合、ニードル脱毛をすると料金がかさんでしまうということになります。

効果は確実でも1本ずつ料金が加算されてしまうのは気が気ではない!

そんな人はレーザーやフラッシュ脱毛の方が安心でしょう。

レーザー脱毛って施術料金だけ?

レーザー脱毛は医療機関でのみ受けられる技術です。

医療機関で脱毛を受ける場合、診察料が別途かかることがあります。

ただしひげ脱毛4回、6回といった複数回セットのプランに申し込むときには、診察料を含めた料金を設定していることがあります。

医療機関の場合は他にも麻酔料、薬代がかかるケースもあるので、トータルの料金を考えてから比較するのが大事です。

高級サロンの別料金

メンズ脱毛サロンでも、高級感を重視したサロンが増えています。

そのようなサロンの場合、施術費以外の料金が発生することが多いです。

例えば入会金、保湿や保護するための化粧品代、タオルや施術着のクリーニング代などがあります。

施術費自体はそれほど高くないと思っていても、トータルするとかなり高額になることもあります。

契約するときにはどんなものが別料金になるのか、しっかりと確認しておきましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.