真夏 ひげ脱毛 注意点


main_top
今すぐチェック

真夏のひげ脱毛時に注意すること

真夏のひげ脱毛!どんな点に注意すればいい?

ひげ脱毛は思い立ったときにやるのが一番です。

忙しい人でも自分のスケジュールに合わせて進めるのが一番ですが、もし真夏に施術日がぶつかったらどうするのでしょうか?

ひげ脱毛は1年から2年かけてやらないといけないので、真夏の乗り越え方も知っておかなくてはいけません。

真夏で危険なのは紫外線

男性だからといって、紫外線に強いなんてことはありません。

男女問わず紫外線を浴びたら日焼けしますし、スキンケアを怠ればシミになります。

日焼けもシミも気にしないというならいいのですが、ひげ脱毛をする意識の高さがあるならそうはいかないでしょう。

それにひげ脱毛施術中は、普段よりも肌がデリケートになっています。

そんな状態のときに紫外線を浴びてしまったらどうなるのでしょうか?

紫外線はメラニン色素を生成し、シミの素を作ります。

脱毛施術後のデリケートな状態だと炎症を起こしやすく、メラニンの生成量はますます増えて色素沈着を起こしてしまいがちです。

せっかく脱毛しても、黒ずんだ肌だと意味がないでしょう。

紫外線は4月・5月ごろには強くなり始め、6月にピークを迎えます。

でも6月は雨が多くて弱い日も多いので、特に7月・8月が要注意時期です。

その時期に直射日光を浴びるのはかなり危険です。

きれいにひげ脱毛したければ、紫外線対策が必須ですよ。

最近では男性でも自然に塗ることができる日焼け止めも発売されています。

外に出るときには日焼け止めクリーム、帽子、マスクなどで肌をカバーし、真夏を乗り越えましょう。

汗・乾燥も真夏の肌には大敵

紫外線だけではなく、汗や乾燥も真夏の肌はリスクが高いです。

空気が乾燥している冬に比べると、夏はあまり肌の乾燥が気にならないのではと思いがちですよね。

しかし強い日差しは肌の水分を奪ってしまいます。

屋内で仕事をすることが多い人もエアコンの影響で、肌は乾燥しやすくなります。

そんな状態ですから、ひげ脱毛後に肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

また、高い気温のせいで汗をかきやすくなりますが、汗の成分は肌への刺激になります。

汗はこまめに拭いて、清潔な状態で保湿を行うのが大切です。

汗をかきやすいという人は、外でも軽く洗顔するといいでしょう。

洗顔は水だけでも十分です。

さっぱりした後はしっかりと保湿するのが大事です。

真夏の保湿はUVカット仕様の化粧水を使うのが便利ですよ。

メンズ化粧品も種類が豊富になっているので、使用をためらわずしっかりとスキンケアしていきましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.