青ひげ対策の日焼けサロン


main_top
今すぐチェック

青ひげ対策の日焼けサロンと脱毛サロン

慌ててひげ剃りのトラブルから抜け出すには脱毛!

ひげを剃った後の青さは気になるのに、ひげ脱毛に関しては消極的な人も多いですね。

なんとか脱毛せずに青ひげをごまかすにはどうしたらいいのでしょうか?

そんな人が思いついたのが、日焼けをする方法です。

日焼けサロンと脱毛サロンでは、いったいどちらの方が青ひげ対策に向いているのでしょうか。

日焼けサロンがなぜ青ひげ対策に?そのメリット

青ひげが目立つのは、ひげが黒いからです。

金髪の欧米人だとどんなにひげが濃くても、剃った後は青くならないでしょう。

それはひげに目立つ色素がないからです。

だから皮膚からうっすらと透けて青くなることはありません。

恐らく欧米人並みの濃さでもしひげが黒かったら、剃った後はものすごく青くなるはずです。

そして肌の色が白いと、黒いひげはよけいに目立ちます。

肌の色を黒くすることで、黒いひげをカモフラージュしようというのが日焼けなのです。

日焼けサロンは日光で日焼けするよりも肌への害が少ないといいます。

肌を黒くすることでナチュラルに青ひげをカバーするメリットがあります。

また、適度に肌を焼くことで、健康的に見せることもできます

やっぱり日焼けは肌に悪い

日焼けサロンに通っていると、どうしてもエスカレートしてしまいがちです。

キレイに焼けるため病みつきになって、真っ黒に焼いてしまうのです。

日光よりも肌に害のない光だとはいえ、やはり肌を焼く行為はいいものだとは言えません。

常習的に日焼けサロンで肌をガンガン焼いている人は肌のハリが少なくなってきて、シワが増えている人も多いのです。

それに日焼けはあくまでもひげが目立たないようにするものです。

生えてくれば剃らないといけません。

ですから濃いひげの根本的な解決にはまったくならないのです。

ひげは日よりも脱毛を選ぼう

やはりひげについて悩んでいるのであれば、ごまかす方法ではなく根本的な解決を選びましょう。

それにはひげ脱毛しかありません。

ひげ脱毛を決意した人は、日焼けをするのを止めましょう。

肌が黒過ぎるとレーザーやフラッシュ脱毛の光が反応してしまい火傷のリスクがあるため、施術ができない恐れがあるからです。

すっかり肌に色が残ってしまいすぐにひげ脱毛できない人は、時間をかけて肌を白くするしかないでしょう。

もしくはニードル脱毛といって、針を差す脱毛方法を選ぶしかありません。

肌が黒くても脱毛できるメリットはありますが痛みが強いので、できれば肌をあまり焼かないようにしてひげ脱毛に備えたいですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.