ひげ 薄くしたい 脱毛


main_top
今すぐチェック

ひげをほんの少し薄くしたいときの脱毛

濃いひげは剃っても跡が青くなって目立ちます。

その青いひげ跡を目立たなくさせるには、日焼けやコンシーラーなどでカバーする方法もあります。

しかし、濃いひげはカバーするのではなく、薄くするようにした方が肌にも優しいです。

ではいったいどのような方法があるのでしょうか?

脱毛はひげを薄くすることができる

脱毛と聞くと、ひげが全く無くなってしまいそうなイメージを持つ人もいるでしょう。

濃いひげに悩んでいるけど、無くしてしまうのは困るという人もいますよね。

でも脱毛はひげを無くすだけではなく、毛量を調節して薄くすることもできるんです。

しかも何度か脱毛をすると毛質も変わり、結果的に薄くすることができます。

脱毛技術によって異なる特徴

密集したひげの数を減らしたい、形を整えたいという場合には、電気脱毛やレーザー脱毛が向いています。

電気脱毛は針を毛穴に刺して1本ずつ脱毛していく方法なので、密集した毛を間引いて毛の量を調節することが可能です。

しかし脱毛した部位からはかなりの確率で毛が生えてこないので、後悔しないようにひげの形は入念なカウンセリングをして決めましょう。

レーザー脱毛も比較的狭い範囲にパワーを集中させるため、細かいひげトリミングにも向いています。

施術回数を少なくすることで、ツルツルではなくややひげを残すことができます。

フラッシュ脱毛でのひげ脱毛

フラッシュ脱毛はレーザー、電気脱毛などに比べると効果が弱く、ツルツルにするにはかなり多めに回数を重ねなくてはいけません。

しかしツルツルではなく少し薄くする程度がいいなら、フラッシュ脱毛も便利です。

完璧にひげ剃りの手間を無くしたいというなら10回以上の施術が必要になるので、12回程度の回数プランや無制限コースがオススメです。

薄くしたい程度なら6回プランでも効果を感じる人も多いですよ。

ただし、ひげの濃さは個人差があるので、適した回数はそれぞれで異なります。

カウンセリング時にどの程度まで脱毛したいかよく相談してから回数を決めるか、施術1回ごとに料金を支払うその都度払いを利用するといいでしょう。

ひげ剃り後や脱毛後の抑毛ローション

抑毛ローションとは毛の成長速度を弱めるような働きを持つローションのことです。

毛を抜いたり溶かしたりする力はありませんが、剃った後や脱毛後に馴染ませることによって成長速度が遅くなり、結果的に毛を薄くすることに繋がります。

少しでもひげを薄くしたいと思う人は、日々のスキンケアのひとつに抑毛ローションを取り入れるのもいいのではないでしょうか?

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.