ひげ脱毛 まだら


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛でまだらになってしまう理由

濃すぎるひげを脱毛しようと思っても、まだらに残ってしまうことがあるようです。

例えひげが薄くなったとしても、まだら状態では意味がありません。

いったいどうしてこのような事が起きるのでしょうか?

施術途中だと仕方が無いケースもある


ひげ脱毛といっても、脱毛範囲はいくつかに分けられます。

脱毛サロンでは細かくパーツ分けしている場合もありますが、主に次の3ヶ所に分類することができます。

・揉みあげや頬

・口周り

・アゴ下

この3ヶ所はひげ脱毛に含まれるものの、それぞれに毛の生え方が異なります。

そのため、同時に施術を進めたとしても脱毛効果の表れ方に差が出てくるのです。

また、同じ頬の部位でも、元々の生え方がまだらになっている人もいます。

脱毛は毛周期に沿って行いますので、成長期にあるひげしか効果を発揮できません。

退行期や休止期にある毛には効いていないので、結果的にまだらになってしまうわけです。

脱毛をし始めの頃はどうしてもこのようなケースがよくありますが、繰り返し施術を受けることでだんだん均一になってきます。

部位によって脱毛の効果が異なる場合は、回数を追加するなどして調節するといいでしょう。

≪技術力のあるサロンを選ぼう≫

ひげ脱毛のまだら感は、施術するスタッフの技術不足が原因であるケースもあります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合、打ち漏れがあるとその部分の毛は脱毛されずにまだらに残ってしまいます。

二重打ちをしてしまうと火傷の原因になってしまうのでより気を付けないといけませんが、不自然に残ってしまうひげは困りものです。

このような事態を避けるには、高い技術を持ったスタッフがいるサロンを選ぶしかありません。

また、明らかな打ち漏れが発覚した場合は、無料で再施術をしてくれるかどうかを確認するといいでしょう。

まだら状態の乗り越え方

どうしても最初の2回、3回はまだら感が残ってしまいがちですが、そこを乗り越えればきれいな肌が待っています。

まだら状態のひげのときには、伸ばしたオシャレは我慢するようにしましょう。

脱毛当日はひげ剃りを避けるべきですが、翌日以降肌に問題が無ければひげ剃りが可能です。

ただし、毛抜きで抜いてしまうのは止めましょう。

電気シェーバーでのひげ剃りが最適ですが、深剃りしようとして強く押し当ててしまう行為は逆効果です。

肌に負担にならないように気を付けてひげ剃りをし、まだら状態を乗り越えましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.