未成年 ひげ脱毛


main_top
今すぐチェック

未成年の悩みもひげ脱毛で解消

ひげの悩みは大人だけではなく、思春期を迎えて体が変化するに連れ悩み始める子供も多くいます。

中には濃い青ひげで困っている子もいますが、未成年ということでひげ脱毛をしていいものかどうか心配になります。

高校生や中学生でもひげ脱毛はできる


サロンによっても対応は異なりますが、未成年でもひげ脱毛ができるところは多くあります。

なかでもメンズTBCは、中学生でも脱毛することができます。

ただし、どんなサロンであっても未成年のひげ脱毛は親の承諾が必要になります。

高校生であれば承諾書の持参のみでOKの場合も多いですが、中学生となるとカウンセリング時に親が同伴しなくてはいけません。

また、高額ローンは組めませんので、申し込めるプランにも制限があります。

多感な年頃に親に悩みを知られたくないかもしれませんが、まずは親との話し合いをすることから始めましょう。

未成年のひげ脱毛リスクについて考えよう

未成年でもサロンでひげ脱毛をすることはできますが、あまり最適な時期とは言えません。

なぜなら、未成年は成長の途中段階にあるからです。

ですから例え10代のうちにひげ脱毛を完了させたとしても、体が成長することによって再びふさふさと生えてくることもあり得るのです。

ですから、このリスクをよく理解した上でコースに申込まなくてはいけません。

男性のひげや体毛の変化は20歳になっても止まることなく、20代前半でもひげや胸毛がどんどん濃くなっていく人も多いです。

個人差もありますがある程度落ち着き始めるのが20代後半なので、理想を言えばその時期まで待った方がいいということになります。

ただし、気になるひげをそのまま放置するのも難しいですよね。

ですから10代から20代前半までは、目立つ部分のみ先に脱毛しておくのもいいでしょう。

ひげ全体を脱毛するより、鼻下など部分的に脱毛した方が費用は少なくて済みます。

そしてすっかり体の変化が落ち着いてきたなと思ったときに、一気に脱毛をしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.