ひげの部分からフケ


main_top
今すぐチェック

ひげの部分からフケが出る原因

ひげが生える部分から、フケが出てしまうことがあります。

頭から落ちるフケはもちろん、顔から落ちるフケも当然不潔な印象があります。

いったいどうしてこのような事が起きるのでしょうか?

フケの正体と原因を探ろう

フケは皮膚がはがれたものです。

皮膚はどうしても生まれ変わりのサイクルで古い角質ははがれるものですが、フケとなって落ちてしまう場合は皮膚に問題がある可能性があります。

生活習慣の中で特に原因となってしまうのが、洗い過ぎとシェービングです。

人間の肌は適度な皮脂で守られているので、例え皮膚の生まれ変わりがあってもパラパラと剥がれず、洗顔時に汚れと一緒に古い角質が落ちるものです。

ところが洗顔のし過ぎで皮脂が取れ過ぎてしまい、乾燥した状態が続くと何もしなくても角質がパラパラ剥がれてフケになってしまいます。

つまり、肌の乾燥がフケを増やしてしまうということになりますね。

そしてシェービングも肌の表面を傷つけてしまい、乾燥を助長させてしまいます。

そのため、フケが増えてしまうのです。

ひげ跡が粉吹いている人は保湿を重視して

フケが出てしまう、もしくはひげ跡が白く粉吹いている人は、肌が乾燥しがちです。

顔を洗うときは専用の洗顔料を使うようにし、必要以上に洗わないようにしましょう。

乾燥が酷い人は洗顔料を使った洗顔は夜だけにして、朝はぬるま湯だけで済ませるといいでしょう。

また、洗顔後やひげ剃り後は必ず保湿をしましょう。

男性用のローションやクリームも豊富なので、自分に合ったものを探すといいですね。

脱毛でフケを軽減する

シェービングの刺激のせいで肌が荒れているなら、思い切ってひげ脱毛をするのがオススメです。

一度脱毛してしまえば自己処理で肌を傷めることがグッと減るので、結果的にフケ軽減に繋がりますよ。

ただし、気を付けて欲しいのが、ひげ脱毛中の保湿です。

普段でもフケ対策には洗顔後の保湿が大切ですが、脱毛中は施術の刺激によって特に乾燥しやすくなっています。

施術直後は冷却も兼ねて、いつもより念入りに保湿するといいでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.