ひげ脱毛 問題ない


main_top
今すぐチェック

ひげはなんのためにあるのか?脱毛しても問題ない?

ひげを生やすことに制限がある職業も多く、毎日のひげ剃りが欠かせなくて悩んでいる男性も少なくありません。

毎日ひげを剃っている人からにすると、なんでひげって生えてくるの?て疑問に感じませんか?

なぜひげと呼ぶのか

腕に生えているのは腕毛、ワキに生えているのはワキ毛と呼ぶのに、なぜかひげはひげで「口毛」などとは呼びません。

なぜひげが他の毛とは違う扱いなのかは、語源が関係しているとの説があります。

色々と説があるのですが、魚のヒレみたいだから「ヒレゲ」、ヘリにある毛だから「ヘリゲ」で、それらが転じて「ひげ」となったと言われています。

ひげは何のためにあるのか

ひげは元々、顔の保護や保温、触角として生えていたと考えられています。

進化の段階で退化していき生えてこなくなった毛もありますが、ひげはちゃんと残ったということですね。

顔に生えている毛には今でもちゃんと保護機能を果たしている眉毛やまつ毛があります。

眉毛やまつ毛は、目の中にホコリが入りにくくするために必要な毛です。

そういえば北欧など寒い国の男性はひげや体毛が濃い傾向にあるので、保温機能もあながち間違いではないのでしょう。

大事なひげは脱毛しても大丈夫?

ひげが何のためにあるのかを考え始めると、なんだかとても大事なもののように思えてきます。

そんな大事なひげを脱毛しても大丈夫なのか、不安に駆られてしまいますね。

でも今は原始時代ではないので、保護や保温のためにひげを残しておく必要はありません。

触覚機能も要らないですよね。

寒ければマフラーやマスクなどで対応することも可能ですし、暖かい部屋で過ごすことも多いでしょう。

腕毛やスネ毛も現在では男らしさの象徴という以外に、あまり意味は無いように思えます。

毎日ひげ剃りをしている人はそもそもひげの存在価値も無いのではないでしょうか?

それよりも頻繁なひげ剃りのせいで肌が傷む方が心配です。

肌を大事にしたい、職業上ひげを伸ばせないという人は、ひげ脱毛の方がずっとメリットが大きいですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.