脱毛後 腫れ 対策法


main_top
今すぐチェック

脱毛後の腫れのせいでひげが剃れない時の対処法

ひげ脱毛が終了した後は肌もスッキリしていいこと尽くしなんですが、脱毛中には困ったことがあります。

特に施術後の肌に腫れがあると訴える人も多いものです。

いったいどうしてそのような状態になるのか、対策方法などについて考えてみましょう。

なぜ脱毛後に肌に腫れがある?

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合ですが、光を肌に照射すると毛根のメラニン色素に反応し、毛穴周辺が熱を帯びます。

そのせいで炎症や腫れが出るんですね。

腫れがひどいと肌がブヨブヨして、ひげも剃りにくいです。

フラッシュ脱毛は比較的肌トラブルが起きにくい技術ですが、それでも腫れが出てくることもあります。

また、次のような条件に当てはまるときには、より腫れが起きやすくなります。

・ひげが濃く密集している

・脱毛初回

・肌が敏感

毛が密集すればするほど肌は熱を帯びやすくなり、腫れのリスクも高まります。

このような場合は特に肌の観察に注意しなくてはいけません。

脱毛後の腫れ対策

脱毛後の困った腫れには、冷却が一番です。

問題は施術後の肌の熱なので、なるべく早く熱を取り除く必要があります。

腫れがあるうちは飲酒や激しい運動など、体温が急上昇するような行動は避けましょう。

冷却は、なるべく早い段階でするのがコツです。

脱毛サロンでも施術後に冷却をしてくれますが、帰宅してからも冷やしましょう。

市販の冷却パックを肌に当てるのもいいですが、無ければ氷水をビニールに入れて当てるのもいいでしょう。

ただし、冷やし過ぎは禁物です。

タオルなどで包んで、優しく肌を冷やしてあげましょう。

また、施術後の毛穴に雑菌が入り込んで感染するのを防ぐために、腫れがある状態は特に衛生状態に気を付けなくてはいけません。

不潔な爪で触るのは禁物ですよ。

清潔を保つためには洗顔が重要ですが、乾燥しないように化粧水で保湿しておくのもいいですね。

そうすれば保湿と冷却が一度にできて、一石二鳥です。

腫れが引かない場合はどうする?

施術直後は多少の腫れがあっても、冷却することですぐに症状が治まれば問題ありません。

しかしまれにずっと長引く人もいます。

数日経っても腫れたまま、痛みを生じるという人は脱毛サロンにすぐ連絡し、それから医療機関の診察を受けましょう。

医療機関との連携があるサロンなら、治療費の保証もあって安心です。

一番良くないのは自己判断で手当てをしようとすることです。

間違った治療法で肌の状態が悪化してしまうこともあるので、必ず医療機関の診察を受けるのが大切です。

以上のことに注意して、ひげ脱毛後の腫れを克服しましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.