毛包炎(もうほうえん)


main_top
今すぐチェック

毛包炎(もうほうえん)について

体質やひげ処理の方法によって、稀にひげの毛包炎などになることがあります。

その代表格は毛包炎です。

毛がうまく生えてこないで丸まって、皮膚の中で不自然に溜まって出てこないがために、炎症を起こすのです。膿(うみ)やニキビのような固まりができてしまいます。

軽い痛みを伴うことがあります。

ひげの毛包炎の応急処置は、抗生物質を服用したりひげを伸ばすことです。ひげを伸ばし続けて外に出てくるようにするのです。

皮膚の中に溜まり続けることができないほど毛を増やすのです。

毛包炎になる方は、ひげが丸く曲がりやすい人に起こりやすいです。黒人などに起こりやすい炎症と言われますが、体質によっては日本人でも十分起こりえます。

一度毛包炎になった経験がある方は、体質上、注意をそらして隙にいつの間にか毛包炎の炎症を起こしてしまうかもしれません。

クセになってしまっている方は、いっそのことひげを生やし続けるか、脱毛をすると炎症の悩みから解放されるでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.