ひげ脱毛 大阪


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛 大阪 イケメン

大阪にせっかく住んでいるのなら、サロンでひげ脱毛をしてモテ男子になり、イケメンとして様々なファッションを楽しめるほうが絶対にお得ですよね。

大阪は第三次産業と呼ばれる小売業も盛んで、近隣の関西地方だけでなく、西日本の各県からもショッピング目的で多くの観光客が訪れる都市です。

大学や学校施設も有名なところが多く、遠方から大阪へ出てきている若者も多く見られますね。

そんな活気あふれる街だからこそ、ファッションに関しても東京と並ぶ最先端を行く町として有名です。

実際東京に次いでモデルや俳優のスカウト数が多く、雑誌などでは「大阪のイケメン」「大阪ファッション」などとして特集が組まれることもあるほどです。

ひげ脱毛はそんなイケメンになれる第一歩です。

ひげはだんだん濃くなる?

小さいころは生えていなかったひげは大人になるにつれてだんだん濃くなるようなイメージがあります。

実際、同窓会などに出席してみると、高校生の時にはあまりひげが目立っていなかったのに、今ではすっかり青ひげになってしまっている男性も見られます。

男性の場合、男性ホルモンの高まりと共にひげが濃くなりますが、25?6歳にピークを迎えると、その後はその濃さが保たれます。

つまり40代になればひげが薄くなるなんてことはないと考えておきましょう。

逆に、ひげの自己処理回数が増えることで、あごに色素沈着が起こり、ひげの剃り残しや剃り跡が目立つようになります。

つまり、だんだん濃くなることは無くても、濃くなったように見えるわけですね。

20歳を超えたら早めの脱毛が吉!

およそ20歳でホルモンバランスが落ち着くと言われていますから、それを超えたらなるべく早くにひげ脱毛をするのがおすすめです。

早めにイケメンになれるというのはもちろんですが、何と言っても自己処理による肌への影響が残ってしまうのが一番懸念されます。

例えば、度重なる自己処理によってあごの皮膚そのものがすでに青みがかってしまうことがあります。

そうなると、脱毛が仮に完了しても、あごの肌色が違ってひげがあるように見えてしまう可能性があります。

また、カミソリなどによる傷が、今までひげで隠れていて目立たなかったものの、傷跡となって残っていて、ひげが無くなると目立ってしまうこともあります。

ひげのケアをしているのがイケメンの条件!

ひげがあるからイケメンになれないわけではありません。

大切なのは自分の顔に似合ったひげの状態にきちんとケアできているかどうかです。

その為にひげを薄くするほうがいいのか、ひげを完全に無くすほうがいいのか考え、大阪のモテるイケメンに仲間入りしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.