ひげ脱毛 予約 キャンセル


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛の予約をキャンセル時の注意点

約束は守るためにあるものですし、ひげ脱毛の予約も指定した日時を守って来店するのが基本です。

しかし、仕事や体調など様々な理由で、どうしても予約した日時に来店出来ないことも多いですよね。

そんなときにはキャンセルすることもできるんですが、ちゃんと注意点を理解した上でしなくてはいけません。

キャンセル料とは?その相場は?

予約していた日時の施術をキャンセルするときに、ペナルティとして支払わなくてはいけない料金をキャンセル料と呼びます。

脱毛サロンでは予約が入るとその人のために約束の日時にあらゆる準備をし、施術室も確保しておきます。

先に予約が入っていれば当然他の人の予約を入れることができません。

ところが急にキャンセルをしてしまうとその時間帯がポッカリ空いてしまい、サロン側にも損失が生まれます。

そのためペナルティが発生するわけです。

脱毛サロンのキャンセル料の設定はそのサロンによって異なりますが、相場は1,000円から3,000円ぐらいです。

中には相場の額からかけ離れたサロンもありますが、良心的なサロンであればキャンセル料といってもそれほど負担になる額が発生するものではありません。

サロンを選ぶときには、その額についても調べておくことが大事ですよ。

いつまでにどこに連絡する?

予約をキャンセルすれば必ず料金が発生するわけではありません。

前もって連絡すればサロン側も他の予約を入れることもできますし、キャンセル料も発生しません。

いつまでに連絡すればいいのかはサロンによっても異なり、前日の営業終了まで滑りこめばOKという場合もあれば、前々日までに入れなくてはいけないという場合もあります。

キャンセルの連絡を入れる先も、予約する場合と異なることもあるので、契約前には必ず確認しておきましょう。

簡単にキャンセルしないこと

前もってキャンセルすればペナルティが発生しないからといっても、あまり簡単にキャンセルはしない方がいいですよ。

キャンセルをすればまた新たに予約を入れなくてはいけませんが、直近の日時はすべて埋まっていることも多く、1ヶ月以上待たないといけなくなる可能性もあります。

何度も安易にキャンセルしてしまうとその都度予約が先延ばしになり、なかなかひげ脱毛が終わらないなんて事態になってしまいます。

保証期間に制限があるコースだと期限切れになってしまう恐れがあるので、一度予約を入れたらなるべく守るようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.