ひげ脱毛 副作用


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛には副作用は無いの?

自然に生えているひげを脱毛するので、副作用が心配になる人もいるようです。

実際のところはどうなのか、その不安を解消するべく調べてみました。

レーザー脱毛の副作用は無いと言いきれない

メラニンに反応する強力なレーザーを照射し、ひげの再生能力を弱めようとするのがレーザー脱毛です。

気になる副作用ですが、まったくの無いとは言いきれません。

最も心配なのは、レーザー照射による火傷です。

毛根のメラニン色素のみパワーを集中させるのが目的ですが、毛が密集しているとどうしてもその周りの肌もダメージを受けてしまうのです。

適切な処置を行わないと、最悪の場合は火傷という肌トラブルを引き起こしてしまいます。

さらにその火傷のあとがシミになって残ってしまうことだってあります。

ただし、レーザー脱毛はとても安心できる技術で、パワーが強くても医療機関でしか受けられないものです。

ですから細心の注意を払ってから施術を行いますし、トラブルがあってもすぐに処置をしてもらうことができます。

多少の赤みぐらいでしたら施術後に起こる症状ですが、医療機関で炎症止めの塗り薬を処方してもらえるので安心ですよ。

また、レーザーのせいで皮膚がんのリスクが高くなるのではという不安を持つ人もいますが、日焼けの原因になる紫外線とはまったくの違う性質のレーザーなので、心配は無用です。

副作用が少ないのはフラッシュ脱毛

脱毛効果が高い技術ほど火傷などの副作用が起きやすいですが、最もそのリスクが低いのはフラッシュ脱毛といえます。

フラッシュ脱毛はレーザーほど出力も強くありませんし、非常にマイルドな施術を行います。

痛みも少なく、肌を労わりながらひげ脱毛ができます。

火傷のリスクはまったくのゼロというわけにはいきませんが、丁寧な施術を行っていれば滅多に起こるものではありません。

多少脱毛期間は長くなってしまいますが、痛みが少なく肌への刺激が少ない脱毛を望んでいるのであれば、フラッシュ脱毛がいいでしょう。

副作用を防ぐにはスキンケアが大事

どんなに気を付けて施術を行っても、脱毛直後の肌は軽く炎症を起こした状態になっています。

サロンでも冷却を行って炎症を抑えますが、自宅に帰ってからのスキンケアも気を付けなくてはいけません。

肌が落ち着くまではあまり体温を上げる行為は避けた方がいいので、当日の飲酒や熱いお風呂に浸かることは禁物です。

施術後に気を付けるべきポイントはサロン側からも説明があるので、しっかりと聞いて守るようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.