ひげ脱毛後 赤み 解消法


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛後の赤みの解消法

ひげ脱毛後には、一時的に肌の赤みが生じます。

その程度に個人差はあるものの、見た目に目立ってしまうためどうにか早く赤みを引かせたいものです。

そこでひげ脱毛後に少しでも早く赤みを取り除く方法を考えてみました。

赤みを取るのは冷却が一番

ひげが濃い人や刺激に弱い人ほど、脱毛後の赤みが出やすい傾向にあります。

脱毛で照射するレーザーやフラッシュは熱を帯びるので、どうしても肌に刺激を与えてしまうんです。

さらに出力が強いとそれだけ肌への刺激が強くなり、赤みも出やすくなります。

そのためフラッシュ脱毛よりレーザー脱毛の赤みの方が出やすい傾向にあります。

この赤みは肌が炎症を起こしているからなので、サロンやクリニックでは冷却をします。

サロンでは医療行為ができませんので保冷剤などで肌を冷やす処置をしますが、クリニックであれば炎症止めのクリームを処方してくれます。

どんな人でも施術直後は多少赤くなるのですが、通常は数十分経つと赤みもほとんど目立たなくなります。

しかしなかなか赤みが引かないという人は、自分で肌を冷やしてみるのもいいでしょう。

肌を冷やす時には、不衛生にならないように気を付けます。

わざわざ保冷剤を用意しなくても、濡れタオルを冷蔵庫で冷やし、それを肌に当ててみるのもいいですよ。

他には氷を入れたビニール袋も便利ですが、長時間肌に当てすぎないように注意しましょう。

このような炎症を起こした肌の状態で絶対にしてはいけないのが、肌の温度が上昇するようなことです。

例えば激しい運動やサウナ、熱いお風呂に浸かる、飲酒など、一見問題無さそうな行為でも肌表面が熱くなってしまうので、炎症を長引かせてしまいます。

赤みの引きが悪いなと感じたら、なるべく冷やすようにしましょう。

保湿も行うこと

肌の保湿は無頓着な男性が多いのですが、乾燥は肌トラブルの原因になります。

特にひげ脱毛直後の肌は乾燥しやすいので、より保湿に気を配らないといけません。

赤みが引かずその上乾燥までひどい状態だと、かゆみが生じてしまいます。

無意識のうちに掻いてしまうことによって肌が傷つき、そこから雑菌に感染してしまい肌トラブルを引き起こします。

今は男性用の化粧水も多く発売されているので、購入するのもそれほど抵抗はないはずです。

化粧水を肌に馴染ませる行為は保湿効果もありますし、肌を冷却して引き締める効果もあります。

普段化粧水などを付けたことがないという人でも、洗顔後やお風呂上がりには保湿を心がけたいですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.