女性ホルモン ひげ脱毛


main_top
今すぐチェック

女性ホルモンとひげ脱毛の関係性について

女性には男性のようなひげが生えませんが、女性らしい柔らかい肌や丸みを帯びたラインの体型になるのは女性ホルモンが分泌されるからです。

そこで気になるのが、女性ホルモンはひげの抑制効果があるのかどうかということです。

ここでは女性ホルモンとひげ脱毛の関係について考えてみましょう。

ホルモンバランスが原因

男性の胸毛やスネ毛、ひげなどが濃くなるのは、男性ホルモンの働きによるものです。

男性ホルモンは男性らしい体つきにするために働くのですが、分泌量が多いと体毛も濃くなります。

女性ホルモンはそんな男性ホルモンの働きを抑制する力があるため、結果的にひげなどの抑毛に繋がると言われています。

ちなみに男性の体の中でもテストステロンという男性ホルモンが変化して、女性ホルモン(エストロゲン)が作られています。

そのバランスのくずれによって、体毛や体型の変化が起きてしまいます。

女性も同じ様に体内のホルモンバランスがくずれ、男性のようなひげが生えてしまうことがあります。

女性ホルモンを注射すると女性のような体型に変化する効果があるので、その効果を求めて利用する男性もいますね。

抑毛ローションでは男性ホルモンの働きを抑えて抑毛効果を得ようとするものですが、体型を変えるほどの力はありません。

本当の女性ホルモンを使うのではなく、非常によく似た働きをする大豆イソフラボンを使います。

サプリメントで大量に摂取してしまうのは問題がありますが、イソフラボンを配合したローションを肌に塗るぐらいでは、女性ホルモンの副作用を心配することはありません。

ひげの伸びが早くて困るという人は、イソフラボンのローションを使用するのもいいのではないでしょうか?

ただし、大豆のアレルギーを持つ人は、使わないようにしましょう。

抑毛ローションの効果

抑毛ローションはあくまでもひげや体毛の成長スピードを遅くするだけなので、ローションそのものが脱毛してくれるわけではありません。

効果の出方も非常に緩やかで、根気強く何ヶ月も使い続けないと違いが分からないでしょう。

剛毛で今すぐ青ひげをどうにかしたいという人には、力不足かもしれません。

そんな人はまずひげ脱毛をして、アフターケアとして抑毛ローションを使います。

抑毛ローションには保湿成分が含まれているものもありますし、ひげ脱毛後のお手入れとして使う分には最適ですよ。

脱毛後は肌も乾燥しやすいので、保湿に十分に気を配りたいものですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.