ひげ脱毛 仕事で役立つ


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛は仕事で役立つときもある

ひげ脱毛をすることで、仕事上役立つことは非常に多いです。

いったいどのような点が仕事に役立つのか、見てみましょう。

ひげがNGな職場は意外と多い

フリーランスやごく一部の業種を除いて、男性のひげを禁止する職場は非常に多いものです。

営業マン全般、銀行ではひげを生やしている人は見たことがありません。

自由な社風がイメージのIT系やその他クリエイティブ系の仕事だとひげも許容されていることがあるものの、役員の人たちがひげを嫌うという理由だけで禁止されることもあります。

ひげが濃いと1日1回のひげ剃りでは間に合わず、何度も剃らなくてはいけません。

夕方になって生えてきたひげに対し、上司から注意を受けたという営業マンもいるぐらいです。

このように、男らしさの象徴と言われているひげは、ビジネスにおいて邪魔扱いされることが多いのです。

ひげ脱毛をすると時間が有効活用できる

ひげ薄い人だと5分も掛けずに剃ることができますが、濃い人だと10分も20分も掛けることが多いものです。

しかも伸びるのが早いと、お昼や夕方など何度も剃らないといけませんね。

そうなると、1日にひげ剃りに費やす時間はいったいどのぐらいあるのでしょうか?

ひげ脱毛をすればこれまでひげ剃りに費やしていた時間を、他のことに回すことができます。

5分あれば新聞にサッと目を通すことができますし、10分あればじっくり読むことができます。

30分以上あれば資格取得のための勉強に回すことができ、スキルアップが望めますね。

また、朝食をいつも食べないで出社していた人は、ゆっくりと食べることができるでしょう。

ほんの少しの時間でも省くことができれば、忙しい朝に余裕ができます。

ひげ剃りによるダメージに付いて考えよう

ひげ剃りの方法は、大きく分けてT字カミソリと電気シェーバーに分かれます。

電気シェーバーの方がやや肌へのダメージが少ないですが、それでも深剃り仕様と思ったら肌表面が傷ついてしまうのは避けられません。

シェービング後にローションを馴染ませると染みてしまうのは、見えない小さな傷が原因なのです。

傷ついた肌は細菌にも感染しやすくなりますし、乾燥も酷くなります。

ひげ剃りの間隔が短い人はより肌への負担が大きくなってしまいます。

もしひげ脱毛によって自己処理の必要が無くなれば、このような心配は一切無くなります。

ツルツルにせず薄くする程度のひげ脱毛でも、自己処理の回数を減らすことに繋がるので、肌の状態は格段とよくなりますよ。

伸びたひげもルーズな印象は受けますが、いつも真っ赤に荒れている肌は見た目にも痛々しいものです。

見た目の印象を気にしてひげを伸ばせないのであれば、肌荒れにも気を配りたいものですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.