ひげ 自己処理 カミソリ 電気シェーバー


main_top
今すぐチェック

ひげの自己処理はカミソリと電気シェーバーだったらどっちのほうがいいの?

ひげの自己処理方法といえばシェービングが一般的ですが、大きく分けてT字カミソリ派と電気シェーバー派に分かれるでしょう。

ひげ脱毛が終わるまではどうしても自己処理は必要なので、この2つの方法を比較してみました。

衛生面・深剃りのしやすさは意外とT字カミソリ

一見便利そうな電気シェーバーではありますが、刃が肌に直接当たらないことから深剃りしにくいという意見も目立ちます。

それにT字カミソリだと水洗いもしやすいですし、清潔に保ちやすいです。

刃の切れ味が悪くなれば交換が必要ですが、電気シェーバーは付属品が高いのがネックです。

その点T字カミソリなら単価も安いですし、交換も簡単にできます。

コンビニやドラッグストアで気軽に購入できるのもメリットのひとつです。

電気シェーバーは忙しい朝にピッタリ!

T字カミソリならスッキリと剃れるという意見も多いですが、きれいに剃るにはひげを蒸らして柔らかくするなど、プレケアに手間が掛かります。

それに剃るときに慎重にならないと、喉元などデコボコした部分の肌を傷つけてしまいがちです。

しかし、電気シェーバーの場合は肌をガードする機能があるため、傷つける心配がないのです。

それにどこでもすぐ剃ることができるため、寝坊したときや移動中など忙しいときに凄く役立ちます。

そのため肌が弱い人や面倒くさがりの人は電気シェーバーを選びがちですが、その場合にはちゃんと機能をチェックする必要があります。

肌を労わりつつ深剃りができるような高性能なシェーバーを選ぶようにしましょう。

どちらを選ぶときも共通して注意すべきこと

T字カミソリでも電気シェーバーでも気を付けないといけないのは、刃の切れ味の衰えと衛生面です。

電気シェーバーの刃も使っているうちに切れ味は悪くなってくるので、時期が来たら交換しましょう。

購入するときには、刃の耐久性や付属品の価格、購入のしやすさがチェックポイントです。

電気シェーバーでも水洗い可能なタイプがあるので、そのようなものを選んで常に清潔を保つようにしましょう。

剃った後は肌トラブルを防ぐために保湿が大事です。

このケアに手抜きをしてしまったら、どんな自己処理をしても肌トラブルのリスクが高まります。

また、自己処理を減らすためには思い切ってひげ脱毛をするのもいい方法です。

費用が気になるかもしれませんが、毎日の手間と交換するひげ剃りグッズが減るのを考えれば、決して無駄な投資では無いはずですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.